ゴルフ設計家「長渡譽一」の最後の仕事

このサイトは作成中です

 

ザ・ロイヤルゴルフクラブ」「富嶽カントリークラブ」の全面改修が長渡先生の最後の仕事でした。享年76歳。胆管癌を患って闘病生活を続けながらも、好奇心に満ちた目をキラキラさせてこの大仕事をやり遂げました。

 

 

カバヤの野津基弘代表が、「日本に世界基準のコースを」というテーマでゴルフ場の改修プロジェクトを立ち上げたとき、長渡譽一先生に白羽の矢が立ちました。最初は著名なゴルフ設計家が候補だったようでですが、色々な偶然が重なって「長渡譽一」先生に決まったようです。「鈴木規夫」氏の存在も大きかったのでしょう。長渡先生と鈴木規夫氏は、良くタッグを組んで仕事をやってきたからです。

 

 

先生は、造園・メンテナンスに配慮したゴルフ設計を得意としていましたので、世界一美しいゴルフ場を設計するのに最善の人選だったのではないでしょうか。

 

宮崎県に生まれて、日南海岸の美しさで感性を磨き、高校では園芸を学びます。民間会社の育種技術研究生を得て、ゴルフ場で働きます。ゴルフの管理会社では、グリーンキーパーやコース管理、コース開発などを経験しますが、中でもミニコースの設計の仕事が面白かったようで、ゴルフ場設計家になるために独立します。以降、全国の著名な設計や監修だけでなく、ゴルフツアー機構コースアドバイザーなどもやっています。